「これから&もっと」産廃業をサポートするブログ!! 静岡県浜松市/産廃許可/産業廃棄物/収集運搬/行政書士
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去年12月22日付の日弁連の申入れに日行連がどう回答するか注目されていた「Lawyer・法律家」表記の問題について、やっと日行連が回答を出した旨、ネット上の14日付毎日新聞紙面でニュースとなっていました。

14日付け毎日新聞記事

この問題は、
日本行政書士会連合会(日行連)がホームページやパンフレット上で「あなたの街の法律家」Gyoseishoshi Lawyerなどと表記してしていた事に関して、司法機関と無関係な行政書士が「Lawyer・法律家」を使用することは、紛争解決の代理権を持っているとの誤解を国民に与えるとして文言の使用を控えるよう日弁連が申入れしていた。


これに対し、
日行連は「街の法律家などの表現が一般の人たちに弁護士業務をしているとの誤解を生むとは思っていない」と回答、これからも法律家の表記をしていくとした。
日行連はこれを不服として協議継続の意思を示した。


これは単にホームページやパンフレット上の文言の問題ではなく、最近の司法制度改革の一環である隣接法律職に法廷外での紛争解決制度(ADR)を設ける動きに対する警戒であろうと思います。


しかし、あからさまにあなた方は法律家ではないよと言われても日行連がウンと言うはずがありません。政府の行政書士に関する公式文書でもLawyer表記はされていますし、広辞苑でも弁護士に特定した語句ではない事は歴然としています。


ところが!。。。先ほど受信した支部のメーリングリストでは、支部役員会の席上で日弁連の申入れを受け入れたとの話があった旨が流れてきました@@


どうなっているのでしょうか???

弁護士
行政書士

クリックしてね♪d(^0^)b♪

人気ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 環境ブログへ

◆◇あなたのクリックから世界を変えてみませんか◇◆
貧困、難民、環境破壊などさまざまな問題をバナーをクリックする事でスポンサーからNGOに寄付をします。
あなたも是非イーココロ会員になってください。私からのお願いです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksoffice.blog81.fc2.com/tb.php/81-4de93269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。