「これから&もっと」産廃業をサポートするブログ!! 静岡県浜松市/産廃許可/産業廃棄物/収集運搬/行政書士
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、静岡県産廃協会主催の浜松市の廃棄物担当の行政処分事例説明で、「使用済みアンプルは感染性廃棄物である」という判断が説明され、議論を呼んでいます。


根拠となる資料は下記の
平成16年3月16日報道発表資料「感染性廃棄物処理マニュアルの改正について」とそこで配信されているpdfファイル「感染性廃棄物マニュアル」↓
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=4791


内容は非常に曖昧で、専門家の感染性判断に非該当でも、「鋭利な物」の場合感染性廃棄物と同等のものと見なされるという資料です。


これを元に浜松市は使用済みアンプルを感染性廃棄物としているわけです。


では、アンプルとは。。どんな物だったでしょうか。私の記憶では、平たいヤスリで細長いガラスビンの首のところをキリキリ削って手でポンと空ける様な感じだったと思います。


これまでの使用済みアンプルの現場サイドの判断(医師の判断含め)は、「ガラス陶磁器クズ」でした。したがって一般的なガラス陶磁器クズの収集運搬業許可があれば運ぶ事が出来たのです。


これが一挙に感染性廃棄物となれば、取扱う収集運搬業者は、特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可がなければ運ぶことが出来ません。


今回の問題は法解釈的な問題でもありますが、既に処分業者が出ているということであり、浜松市としても十分熟考した上での発表なのでしょう。


しかし、他府県行政の判断は依然としてグレーの域を出ていないと聞いています。今後の行政の判断は注目していきますが、医師会や産廃業界の動向にも注意して、変化や新判断、新動向があれば逐一書いていくつもりです。


☆*********************************
K's office 行政書士 加藤木 剛(カトウギ ツヨシ)
〒432-8047
静岡県浜松市中区神田町758番地
tel 053-401-5755 fax 053-401-5750
katougi@k.email.ne.jp
***********************************.・。.....☆

人気ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村 環境ブログへ

◆◇あなたのクリックから世界を変えてみませんか◇◆
貧困、難民、環境破壊などさまざまな問題をバナーをクリックする事でスポンサーからNGOに寄付をします。
あなたも是非イーココロ会員になってください。私からのお願いです。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。